top of page
  • 熊野少年自然の家スタッフ

革細工教室を開催

三重県立熊野少年自然の家(本山拓哉所長)では、令和6年6月9日(日)に、御浜町下市木「ブートレグ製作所」の協力を得て「革細工教室」を午前、午後の2回開催しました。午前の部、午後の部ともそれぞれ3組6人の親子ペアに参加いただきました。

この教室は親子でオリジナルの革製品作りにトライしていただこうと取り組んでいるもので、最初に講師の向井さんから、革製品の材料はフランス産の牛の皮をイタリアでなめし加工等されたもので、そのためイタリア製の革であるとの説明を受けました。

次に革に糸を縫いつける練習をした後、革の色に合わせて自分の好きな色の糸を決め、大人は財布、子どもはキーホルダー作りに取り組みました。

参加者の皆さんは、初めての作業に少し戸惑いながらも、向井さんから丁寧に教えて頂きながら、様々な工程に親子で楽しく取り組み、出来上がった財布やキーホルダーに好みのイニシャルを入れ、完成させていました。

参加者からは「もともと興味はあったが、なかなかやる事が出来なかったので今日はすごく楽しく参加できました。子供たちも初めて体験が出来たので楽しかったと思います」、「親子で参加させていただいてすごく楽しかったです」、「おじいちゃんの誕生日プレゼントにちょうど良かったし、簡単できれいでかわいくできました」など、素敵な革製品が出来あがったことと、初めての体験がとても楽しかったとの感想が多く寄せられました。





閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page